スポンサーサイト

2017.04.24 Monday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【ヴァンガード】ついに解禁!噂のガルハアーリー【デッキレシピ】

    2016.02.18 Thursday

    0
      お久しぶりです
      ru-onです
      前回の更新から2か月経ちました
      更新する度に言ってるかもしれませんが、マジで忙しかった

      今回はタイトルの通りヴァンガードのデッキを紹介します
      明日2月19日は最新弾「刃華超克」の発売日ですね
      実は今回ご紹介するデッキは、ザップバウ珠玉のデッキとなっています。
      それまでの構築でもメチャクチャ強かったのですが、新弾のカードで更に強くなりました。

      と、前置きはこれくらいにしてデッキレシピを

      グレード3 9枚
      《王佐の騎士 ガルハール》 4枚
      《アルフレッド・アーリー》 2枚
      《孤高の騎士 ガンスロッド》3枚
      グレード2 11枚
      《ブラスター・ブレード》  4枚
      《光と闇の愛弟子 リュー》 4枚
      《救国の賢者 ベノン》   3枚
      グレード1 13枚
      《ホーリーナイト・ガーディアン》 4枚
      《ブラスターフレンド ばーくがる》  4枚
      《月桂の騎士 シシルス》       3枚
      《秘められし賢者 ミロン》(《希望の剣 リシャール》でも可) 2枚
      FV
      《ういんがる・ぶれいぶ》
      トリガー
      《フローラルパラディン ふろうがる》4枚
      《夢の運び手 ベレヌス》      4枚
      を含めて☆16枚
      Gゾーン
      《レインエレメント マデュー》      1枚
      《朧の聖騎士 ガブレード》        1枚
      《転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン》 2枚
      《飛天の聖騎士 アルトマイル》      4枚



      まずはグレード3から
      《王佐の騎士 ガルハール》
      ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー11000 / シールドなし / ☆1
      【自】:[【カウンターブラスト】(2)] このユニットが(V)に登場した時、コストを払ってよい。払ったら、あなたの山札からカード名に「アルフレッド」を含むカードを1枚まで探し、【スタンド】でライドし、その山札をシャッフルする。ライドしたら、あなたのソウルから「王佐の騎士 ガルハール」を1枚まで選び、(R)にコールする。
      【自】【(R)】:このユニットのアタックがヴァンガードにヒットした時、あなたのカード名に「アルフレッド」を含むヴァンガードがいるなら、【カウンターチャージ】(1)。

      簡単に言えば、確定で「アルフレッド」と名のつくカードにライドできて、尚且つ自身はリアガードに登場するという効果です。
      しかもVが「アルフレッド」ならVにヒット時カウンターを確保できます。強いです。
      で、今回使う「アルフレッド」はこちら

      《アルフレッド・アーリー》
      ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー10000 / シールドなし / ☆1
      【自】:このユニットが(V)に登場した時、あなたのソウルから「ブラスター・ブレード」を1枚まで選び、(R)にコールする。

      お前はこれを見た後「えっ、あのアルフレッドアーリーなの?」と言うだろう
      コミック版ヴァンガード1巻の付録で、最初期に使われていたカードですね
      先ほどのガルハールと組み合わせると
      ガルハールにライドし、効果発動
             ↓
      アルフレッドアーリーにライドし、ガルハールはリアガードに展開
             ↓
      アルフレッドアーリ―効果発動、ソウルからブラスターブレードが登場(ちなみにブラブレの効果使うこともできます)
      要約するとカウンターブラスト2で2体リアガードに展開です
      しかもこれ全部ライドフェイズ中の効果なので相手がグレード3であれば、そのまま超越できます
      「パワー10000しかないけど大丈夫なの?」と言う人がいるかもしれませんが、現環境においては1000の差はそこまで大きくありません
      またパワー10000なので、マデューに超越することができ、次のターンの超越も安定します
      強いです。

      《孤高の騎士 ガンスロッド》 
      ロイヤルパラディン - エルフ パワー9000 / シールドなし / ☆1
      【起】【(V)】:[【カウンターブラスト】(2)] あなたのソウルに「ブラスター・ブレード」があるなら、そのターン中、このユニットのパワー+5000/クリティカル+1。
      【起】【手札】:[このカードを相手に見せ、山札の上に置く] あなたの山札から「ブラスター・ブレード」を1枚まで探し、相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。

      またまた古いカードです。懐古厨ひゃーはーですね。
      このカードの採用理由は、2ターン目に確実にブラスターブレードにライドするためです
      後で詳しく説明しますが、持ってるだけでグレード2のアタッカーに変換できるのでグレード2が実質14枚入っている計算になります
      もしこのカードが手札で腐るようであれば、超越のコストにしてください
      まとめると、いつ手札にあっても腐らないカードです(ガード値にならないことは除く)
      つまり強いです。

      グレード2
      <ブラスター・ブレード>
      このデッキの主人公。言わずと知れたアイチ君の相棒ですね
      とりあえず引かないといけないので4投意外ありえないwww
      後述しますが、新弾で強力なサポートカードが出たので今後また活躍することでしょう。
      強いです。

      《救国の賢者 ベノン》
      ロイヤルパラディンを使う最大の理由とも言えるカードです。強いです。
      主にサンクで活躍しているカードです
      効果でミロンを呼ぶだけで、リソースが2つ増えています。強いです。
      もしミロンがデッキに居なくても完全ガードが出せるので、とりあえず盤面は埋まりますし、圧殺すれば完全ガードのカウンターチャージも使えます。
      メチャクチャ強いのですが、それよりも優先したいカードがあったので残念ながら3投です

      FV
      《ういんがる・ぶれいぶ》
      かつての環境カード。強いです。
      このデッキだとアタッカーとブースターを選らんで持ってこれるので、その場に合わせて使いましょう
      特に後攻のときは《ブラスターフレンド ばーくがる》 にライドし使用することで、ブラスターブレードへのライドに繋がります


      新弾で出たカードがこちら
      《ブラスターフレンド ばーくがる》 
      ノーマルユニット 〈1〉 (ブースト)
      ロイヤルパラディン - ハイビースト パワー7000 / シールド5000 / ☆1
      【自】【(R)】:あなたの「ブラスター・ブレード」がこのユニットと同じ縦列の、(V)か(R)に登場した時、あなたの「ブラスター」を含むヴァンガードがいるなら、【カウンターチャージ】(1)。

      ブラスターブレード版のドリンです
      先述の通り「ブラスター」なのでういんがるぶれいぶでサーチできます
      強いです。

      《フローラルパラディン ふろうがる》 
      トリガーユニット 【☆】(クリティカルトリガー) 〈0〉 (ブースト)
      ロイヤルパラディン - ハイビースト パワー4000 / シールド10000 / ☆1
      【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1)] あなたの「ブラスター・ブレード」がヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、(R)の「ブラスター・ブレード」を1枚まで選び、【スタンド】し、このユニットを山札に戻し、その山札をシャッフルする。

      今回の強カードその1
      ブレスターブレードがVにアタックした時に、カウンター1でもう1回アタックできるようになるそうです。
      しかも自身がブラスターブレードをブーストしてなくても使えるので、とりあえずスタンドします。
      強いです。

      《光と闇の愛弟子 リュー》 
      ノーマルユニット 〈2〉 (インターセプト)
      ロイヤルパラディン - ヒューマン パワー9000 / シールド5000 / ☆1
      【自】【(R)】:このユニットが、「ブラスターフレンド ばーくがる」か「フローラルパラディン ふろうがる」に、ブーストされた時、そのバトル中、このユニットのパワー+3000し、『【自】【(R)】:[【カウンターブラスト】(1),このユニットをソウルに置く] このユニットがヴァンガードにアタックしたバトルの終了時、コストを払ってよい。払ったら、山札から「ブラスター」を含むグレード2のカードを1枚まで探し、(R)にコールし、その山札をシャッフルし、そのターン中、そのユニットのパワー+3000。』を得る。

      今回の強カードその2。強いです。
      訂正します、ぶっ壊れカードです
      初期に散々ニートと呼ばれた、未来の騎士リューが本気だした姿みたいです
      先述のどちらかのブーストがあれば、デッキからブラスターブレードを登場させ追撃できます
      しかも、ブラスターばーくがるのブーストであればカウンターチャージがあるので、実質ノーコストで使えます
      ノーコストどころか自身がソウルに入るので、なおヤバいです
      余談ですがこのカードの登場により、シングセイバーのデッキがまた活躍することでしょう
      シングセイバーの発動条件のソウルの枚数を達成しやすくするとともに、デッキからコールするのは「ブラスター」の2グレならいいので、《探索者ブラスター・ブレード》を呼び出すことができます。
      探索ブラブレの方が強力な除去があるので、序盤の動きがかなり強くなります
      あとは、マジェデッキであれば、ブラスターダークも呼び出せます
      強いです。

      Gゾーン
      マデューは先述の通りです。
      ガブレードはヒット時に、リューを出し追撃を狙います。

      このどちらかを使えていれば、飛天アルトマイルが使えるようになります
      コールする対象はその場に合わせて、選びましょう
      ちなみに個人的に気に入ってるのはべノンで、べノンの効果で何かだせると飛天アルトマイルのパンプを合わせて21kラインになります。
      もしくはリューでプレッシャーを与えて行ってもいいでしょう

      最期に紹介するのがこちら
      《転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン》
      Gユニット 〈4〉 (トリプルドライブ!!!)
      ロイヤルパラディン - コスモドラゴン パワー15000+ / シールドなし / ☆1
      【超越】(お互いのヴァンガードがグレード3以上で解放!) - ストライドステップ - [あなたの手札からグレードの合計が3以上になるように1枚以上選び、捨てる] 裏のこのカードを(V)に【超越】する。
      【起】【(V)】【ターン1回】:[あなたのGゾーンから裏の「転生竜 ホーリースクワイヤ・ドラゴン」を1枚選び、表にする] あなたのカード名に「アルフレッド」を含むハーツカードがあるなら、あなたの呪縛カードをすべて解呪し、そのターン中、このユニットは『【永】【(V)】:あなたのターン中、あなたのリアガードすべてのパワー+2000。』『【永】【(V)】【Gブレイク】(3)(あなたの(V)かGゾーンに表のGユニットが3枚以上で有効):あなたのターン中、あなたのリアガード1枚につき、このユニットのパワー+3000。』を得る。

      通称、顎竜。
      冗談はさておき、アルフレッドにのみ許されたメタカードです
      ラインを上手く立てれれば21kラインを作ることもできます
      本来ロイパラのように、リアガードをどんどん展開していくデッキはリンクジョーカーに弱いという欠点がありました
      なんとこのカード、解呪があるんです!
      つまり弱点らしい弱点が構築の段階でほとんどないのです
      強いです。

      やっとカードの説明が終わったので、デッキの回し方を
      このデッキの使い方はとにかく2グレで殴りまくりましょう



      えっ?それじゃ分かりにくいって?じゃあもっと簡単に説明します

      相手が瀕死するまで2グレで戦いましょう

      そもそも現環境のヴァンガードって超越したグレード4だとか、GBを持つカードが強いとされていますよね
      (まあノキエルは当てはまらないですが)
      例えば、ギアクロなんて1回目の超越からとんでもないことして、耐えたとしてもネクステージでトドメ刺されたりとか
      しかしながら、これらのカードってこっちがグレード3じゃなければ使えないんです

      何を当たり前のこと言ってるんだと思うんですが、実際そうなんです
      つまりはこちらがグレード2で戦える構築にしていれば、少なくとも相手に先に使われることはないんです
      サンクのデッキなんかはべノンやばーくがるでリソースを確保しながら戦ってくるので、グレード2でも戦える代表的なデッキですよね
      ということは、GBや超越にあまり依存せず、グレード2のままある程度戦えるデッキが今強いということです
      それか、超越の1回目のターンで爆アドとれるやつですね

      このデッキを回す上での目標は自分がグレード2のときに相手を4点まで追いやることです
      そのためにクリティカルトリガー16枚であったり、リューを4投しているわけです
      なので殴りまくって、とっとと4点にしちゃいます
      先述の通りガンスロッドを採用してるので、グレード2で戦うことは容易なはずですし、もし事故ったりして押されてしまったらガルハールにライドしてしまいましょう
      第2のプランとして、もし相手もグレード2のまま戦ってきた場合はべノンやリューでアドバンテージに差がついてるはずなので、ガンスロッドにライドし起動効果でクリティカル増やして轢き殺してしまいましょう


      と、まあこんな感じです
      正直今回の記事書いててこんなに疲れると思わなかった
      各デッキの対策についてはザップバウがやってくれると思います

      ということで今回はこの辺で
      では!

       

      スポンサーサイト

      2017.04.24 Monday

      0
        関連する記事
          コメント
          コメントする